<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

遣っちまったな~ミ(ノ_ _)ノ=3

e0172921_2028283.jpg

e0172921_20282874.jpg

e0172921_2028288.jpg


久々の釣行に行って来ました~。

金曜の夕方、先輩方から連絡が有り、下(しも)方面でカツオの気(け)が有るとの事、所が行き先を聞いてビックリ!六の瀬~片道の推定時間6時間~工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工~。

僚船と協議の結果わたくしの海央で一緒に行って貰う事に・・・。(釣り上げから燃料代を引いて残りは山分けか~? V^^V )

土曜の夕方氷、道具等を積み込み準備完了~11時起きの12時出し~殆ど寝ずに出発~何分遠い~無線で挨拶や情報交換等交わしながら走行~足摺の端前迄は凪いでいたのですが、徐々に波風が強まって来た様な感じ~。

其れでもハエの上に(六の瀬)乗るまでは良かったのですが、流石~六の瀬どんぶらこ~

ヤッと到着「道具を出そうか~」とブリッチから出ると「さ!寒い~」冷たい風が結構吹いてる~サンヤリ(脇竿、アウトリガー)を出して順次投入~脇竿に板の道糸が張った瞬間「ポキ!」工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工~「折れた~」「折れたち何がよ~」「サンヤリが折れた~」「どいた~」と二人で大騒ぎ、丁度大きく揺れて竿先が水中に入ったのと板の抵抗が掛かった瞬間が重複した様です~折れた部分を回収し気を取り直して、片竿で釣行開始~。

所が、藻が掛かって来るばかりで一向にヒレの付いた物は上がって来ないヤ~ン、無線で情報を聞くとワリコトシ(高知弁でやんちゃ坊主)が釣れた~との声が・・・?【昔の子供が悪さをするとモグサを据えられたようですが、此れを高知風に言うとヤエトと言いますが、モンズマの腹部に有る黒いモン(斑点)がヤエトの痕でワリコトシ(やんちゃ坊主)と成るようです~】他には、ビンタ(キメジ)スマ・・・。

カツオの声が一向に聞こえて来ない、到着前に「シビも釣れゆで~大きい道具も入れちょき~」との事で入れてましたが、如何やら大物も誰も釣って無い様子・・・ビンタ狙いで小さい飛ばしにチェンジ。

其の後功を奏したのか、直後ビンタヒット~!って喜んで良いのか~?カツオ祭りの筈が~結局ビンタ3匹で本日終了~ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!(売り上げの山分けは如何成ったんや~って、おみやのビンタ山分けと言う事に、俗に言う取らぬ狸の何とやら~)

竿は圧し折るは、釣れんは、おまけに寝不足と出がけに喰った今川焼きが祟ったか、船酔い気味~オエ~と言う事で、最悪の釣行と成ってしまいました~諸先輩方始め地元船団も不発~。

懲りずに、次回も('-'*)ヨロシク♪です~。

中央4枚画:左上が足摺岬、其の右は、気象ブイ、左下「これ」と書いた部分が折れた辺りです~(T▽T)最後はお気に入りのタコベイト。

下の4枚画は、先週、従兄の〇〇兄さんが久々に実家の方に遊びに来てくれました~フェラーリ~工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工~相変わらず豪快~、子供の頃は(中学生)良く遊びに行ってムスタングでドライブや、割烹に連れて行ってもらった事でした~。

又来て下さいね~今後共('-'*)ヨロシク♪です~。と言う事で、貧乏暮らしの、わたくしには縁の無いフェラーリの内装を見せて貰ったりサウンドを楽しませて貰いました~。(T▽T)欲しい~
[PR]

by kunitomo2106 | 2011-03-28 20:28 | 釣果 | Comments(8)  

此の度の地震で被災された方々に、心より御悔やみ申し上げます

e0172921_19452219.jpg

e0172921_1945223.jpg


此の度の地震で被災されました皆様方に、心より御悔やみ申し上げます。

自然の驚異の前に人間の無力さと儚無さに、自然に対する畏敬の念を新にしました。

津波注意報が発令された時、養殖業をされて居るお客様の作業船の修理の為、港に浮べた船上に居たのですが、各方面からの情報で東日本で巨大地震発生との情報、やがて津波警報に、「急ぎ海岸線より離れて下さい」とのアナウンスも聞こえる。

作業を中断し、明日の朝から再開しする事にして作業場に帰って見ると津波2m予報との事、港の中を先輩方や、お客様始め何艘もの船が沖出し状態、急ぎ僚船に連絡「みんな~沖に出しゆう~で」処が近くには居ない様で「今からか帰っても間に合わん~」との事。

海央を係留している場所は非常に浅い場所で、大潮の干潮時でも相当ヤバイ状態、津波で水位が下がると横倒し間違い無し・・・。

電話で子供達の安全を確認し「沖に出すで~」と船外機艇に乗り込み海央と乗り換え、沖に向かう船団に合流、コンナに一度に港から出て行く事は先ず無い、港の出口津波堤防辺りはごった返し・・・。

周りに見当らない先輩方に出したのか?確認を取りながら、沖に出してみると数十隻の船が流し(振らす)ている状態、此の時点では二時間程度待機して帰る予定、処が、陸上からの電話情報で異常な引き潮で海底が露出しているとの事、出してなかったら、横倒しに成っていた事でしょ~。(滝汗)

津波堤防出入り口付近で待機中の先輩からの無線情報でも、「渦を巻きながら、引いて行きゆう~」との実況中継、如何やら長期戦に成りそうな状況変化に沖出しの一同唖然!

殆どの方が、軽装に食料も持たず状態、やがて暗く成り始め、陸上からの電話連絡で、既に避難港内で、数隻転覆、陸上に残して来た先輩方の車も水没、との連絡。

腹減った~寒い~と何の準備もせずに出て来た事を後悔するも既に後の祭り~途方に暮れていると、O先輩が「ラーメンが有るき、船を面舵へ繋ぎや~」との有り難いお言葉~「え~かまんが~ですか~」と舫いを取って先輩の船に乗り込むと、温かいうどんが~「旨い~」有り難い~T先輩と一緒に頂きながら気が付くとO先輩自分は後にし先にわたくし達に出してくれていました~(T▽T)おまけに先輩は立って喰っている~。

食後のコーヒー迄頂き、本当に有り難く、思いやりと優しさに感謝~m(_ _)m先の見えない不安の中、温かい明かりを灯された様で嬉しかったです~。(涙)

其の後もO先輩、無線で「未だラーメンがドッサリ有るきお腹の減っちゅう人は食べに来てや~」との情報連絡、「遠征で泊まりの際に食べる様に積んじょったがやき~」と言いながら振舞われていました。(多数の皆さんがご馳走に成りました。)

如何やら今夜は沖で一夜を明かす事に成りそうな状況~ミ(ノ_ _)ノ=3 待てよ~(滝汗)・・・携帯の電源が~充電器を持って帰って忘れてる~。

有り難い事に陸上からは、入れ変わり立ち代り、情報や安否を伺って下さる℡が次々と~。

充電切れ~最初の明るい頃に撮影したり無闇に℡したりしたのを悔やむも・・・・。

後は無線のみが頼み~兎に角寒い夜で、皆さん船内の布類、軍手、カッパ何でも有りで思い思いに暖を取っている様子。

アンカーを打って寝ている方、流しては昇って居る方等、色々な方法で朝を待つ事に、わたくし更に沖に出してレーダーをセットして流しながら仮眠する事に・・・。

勿論、熟睡出来る訳も無く、県ブイ跡まで行きそうな感じで流れていました。

ヤッと明るく成って、徐々に帰港されて居る様子、先発された方の情報に依ると未だ可也、干満を繰り返している様で、港に入る際にはタイミングを計って・・・等との事、でも此れ以上は皆さん無理~との事で順次入港、わたくしも帰港する事にして津波堤防を入ると、未だ渦巻きながら流れている・・・。

何時もの係船場所は、未だ横倒しの危惧が払拭されないので、僚船のMさんが係留している、港の端に置かせて頂く事に・・・。

15時間ブリに陸地を踏む事に~実家に帰って無事を告げ食事を済ませ、充電器を持って再び船に戻り、係船状態で待機・・・。

テレビを付けて、東日本の惨事を目の当たりのして唖然!工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工~情報で有る程度は把握している積もりでしたが、想像を絶する映像に愕然・・・。

何と言う事でしょうか?原発でも大変な事が起こっている様子。夢ではなく現実に起こっているのです。(今後一人でも多くの方が、無事に助かりますようお祈り致します。)

地元、避難港の方でも10数隻の船が水没、港に置いて居た車も何台か廃車と言った情報を伺いました。

わたくしの船外機艇は無事に浮かんでいましたが、ドックに並べていた木材は全て無く成り、ウインチや洗浄ポンプも水没していた様で、漁業組合様と連絡を取りながら、水没の船やウインチの修理等の復旧に追われています。

此の度の地震で被災された方々に重ねがさね、お見舞い申し上げます。

一日でも早く復旧の目途が立ち、一日でも早く立ち直って頂き、少しでも笑顔が戻って来る様に祈っています。
[PR]

by kunitomo2106 | 2011-03-14 19:45 | その他 | Comments(6)